クリティカルラッシュを求めて修行中

なかなか習得できない高度な技です。

Category: 未分類 (page 1 of 3)

クリエイター見習いが感じたこと

自分は15年間、ある製造会社で日々やる気のないサラリーマンでしたが、異動を機に退職しました。
その後は自営/自立手段を模索しているうちに、半信半疑でパソコンで図や絵を描く勉強を始めました。
インターネットで情報を探したり、古い美術の教科書や大学の教材などの難解な文章に悩みながらの独学です。
半信半疑、というのは、幼い頃から絵を描いたり観るのは好きでしたが、パソコンで絵を描くのは邪道で実力ではないと信じていたからです。
だから出だしは困難を極めました。
しかしやがて色鉛筆を紛失したり買い足したり、絵の具が乾いてまた混ぜているうちに違う色になってしまうような、余計な気苦労がないことに気づきました。
そしてついに、今どき話題の「クラウドソーシング」で自分の腕前を試せるようになりました。
日々落選の繰り返しですが、それが皮肉にも練習につながったようです。
約半年後、自分の作品を買ってくださるお客様と出会えるようになりました。
やりとりに関しては、会社員の頃に積み上げた経験が役に立ちました。
当時たいへんな苦痛でグチばかりの日々でしたが、将来こんなに助けになるとは思いませんでした。
なんでも経験するものです。
なんとか試行錯誤しながら、それでも着実に作品を納品していけるようになりました。
ところがある日、奇妙なお客様からご注文をいただきます。
どうも的を得ません。
ご依頼の内容に心がこもってないのです。
アルファベットの単語が当初ご指定のものと異なったり、主張も一転二転します。
これが商品をご希望のお客様ご本人なら、製作を進めていくうちに気が変わるということはよくあり、こちらもそれは覚悟しています。
ただ到達点が明確なので、時間がかかっても混乱することはほとんどないのです。
 予想したとおり、どうもこの人はお客様ご本人でなく、取り次ぐ方ではないか、と気づきました。
表現は悪いのですが、金銭の授受が発生している割にはひとごとのような感覚です。
商品を要望されているご本人と直接お話できないのはじれったいものです。
そのうちに、これも注文予定だからと、他に2点、お仕事を提示してきました。
計3点を1点のお値段で承っているわけです。
さらに、このフォントがおすすめ、とかイラストはこんなかんじ、などリンクを送って指示します。
これは明日まで、と期日も指定してきます。
冷たいようですが「ここまでわかってたら自分でやれ」と、同じ職場の人なら突き返すところです。
こうして精神衛生上よくないことに関わっていると感性が鈍って他のお客様にご迷惑をかけてしまうため、思いきってその時点で指示されたものを全部提出し、自分の能力の範囲外だからと最後のメッセージを送って、ブロック設定させていただきました。
社内や近所ならこういうわけにもいかないでしょう。
クラウドソーシングの合理的で便利なところです。
先方は満足度は別にして無料で素材を入手したわけですから得なお買い物だったでしょう。
想像ですが、こうしてデザイナーさんを叩くことが多いとしたら、それはもはや商売ではなく単に脅しです。
ところで先日、デザイナーさんの中にも、海外のデザインを真似(いわゆるパクリ)する方々がいると聞いて驚きました。
そういう残念な方々が多ければ、取次店も身構えたり、デザイナーとはしょせんそういうものと敬遠した態度になっても仕方ないでしょう。
自分にいろいろ上から目線で注文してきたあの方も例外ではありません。
自分は、創作とは、尊敬して模倣するという以外は、「まねごと」とはもっとも遠い部分にあると信じていたので、かなり衝撃でした。
例のシンボルマークの件は起こるべくして起こったことかもしれません。
自分はせめて、時間がかかってもスケッチだけは自分でしようと心に決めたのでした。
人探し 探偵

スポーツが苦手です。

ぼくは、昔からスポーツが苦手です。
身体を動かすことが苦手というよりも、スポーツの積極性を問われる雰囲気や、明るく、元気にという感じが苦手でした。
中学の頃までは、身体自体は動いたので、それなりにスポーツをこなせていたのですが、高校に入ってからは、ほとんど運動をしなくなり、身体がどんどんなまっていきました。
代わりに、文学の世界にのめり込み、本ばかり読んでいました。
今では、活字中毒となっています。
ですが、たまにスポーツをしたいなと思う時があります。
身体を思う存分動かせばきっと気持ちいいのだろうなと思うのです。
とくに、バスケットボールがしたいなと思っています。
走り回れるし、ゴールに投げ込む瞬間が氣持ちいいので、したくなります。
小学校のころは昼休みによくしていました。
結構、得意でしたので、仲間内でも活躍できていました。
また、どこかで、やりたいなと思うのですが、下手くそであることは、間違い無いので、誰かに見られずにひっそりと出来る場所を探しています。
体育館などだと、目立つので、人がほとんどおらず、自由に動ける場所がいいです。

自宅でのホワイトニング

自宅でのホワイトニングを行うことができることを知ったので、やり方をネットで調べてみると始めに歯医者にかよい、ホワイトニングのやり方を教えてもらったり、始めに歯の汚れをしっかりと歯医者で落とすことによって、自分の手でもホワイトニングを行うことができるということを知り、実際に利用してみましたが、自分で行うホワイトニングは、自分の好きなときに行うことができるのでとても便利な方法だなと感じました。
自分で行う方法では、歯医者でやり方を分かりやすく説明してもらい、必要な薬品を歯医者で購入することによってホワイトニングをすることができるので、ホワイトニングに関しての知識が全くなくても行うことができ、歯医者に通いホワイトニングをするとなると、歯医者に通うための時間を作らなくてはならなくなるため、面倒だと感じてしまうこともありますが、自宅でのホワイトニングであれば、自分が好きなときにすることができたり、歯の白さを自分の好みの色にすることができたり、ホワイトニングにかかる費用をおさえることができるので、手軽さや費用の節約ができて便利でした。
ちゅらトゥースホワイトニング 効果

永久脱毛について

エステサロンの抜け毛は永久抜け毛ではありません。公式サイトなどを確認するとわかりますが、どこにも永久というせりふは使用されていません。近年、永久抜け毛のケアはクリニックでのみ許可されています。エステサロンの抜け毛マシンは能力がないので、素肌にモチベーションが短く優しい方法で痛みがないことが特徴です。そのため何度も照射して、ムダ毛の数量を減らしていかないといけません。永久抜け毛にハマるのなら、クリニックで受け取れるレーザーかニードルと呼ばれる電子針が良いと思います。レーザーはエステサロンで使われているマシンの出力が高い方法と考えると良いでしょう。出力が高いと、1度のケアも効果が高い結果射光数も小さく終わります。終了するスパンも少ないですが、その分代金は高くなります。しかし、エステサロンはケアに数が必要で追加で契約することも珍しくない結果終わってみれば同じくらいの料金が因ることもあります。ニードルは時間がかかる、術アビリティーが求められることから料金が大きいのと、痛みが手強いことで選ぶ方があんまり多くはいないようです。エステサロンの抜け毛は永久抜け毛ではないので間違わないようにしましょう。

剃刀をムダ毛処分に使う案件、間違った方法で使用しないみたい気をつけなければなりません。剃刀を取り扱う時は、必ずヘアに沿って剃らなければならず、逆コースに剃ってはいけません。逆剃りすると素肌を傷めることになります。また、何度も同じ事柄を剃刀で剃るのはタブーです。剃刀で剃ると、角質年代も一緒に剃ることになるので、どうしても素肌が乾燥して、肌荒れになりやすくなります。そのため、剃刀でムダ毛処理をする時は、毎日の利用は遠ざけ、ローテーションを考えなければなりません。また、お風呂で処理している方で間違った方法でムダ毛処分をしている方がよくいます。それは、体ソープの泡で剃刀を滑らせる作戦です。素肌と剃刀の間に体ソープの泡のバッファをつくって滑らす処分のメソッドは危険です。そうすると素肌が赤くなったり、ダメージを作ってしまう可能性があります。体ソープの泡のバッファがとっくりできていないことが多いからで、肌表面の保護ができておらず、剃刀で角質年代を抉り取ってしまうことになります。剃刀を使用する時は、剃刀フォルムをきちんと使わなければいけません。 

1ヶ月冷凍した鶏肉を食べる

最近、はまっているお菓子に『雪の宿』があります。
調べてみると、結構昔から販売されているようなので、「いまさら!?」と思われるかもしれませんが、そうなのです。
私はこのお菓子を最近になって知りました(^^;)昔ながらの塩せんべいに、クリームのような砂糖のような甘いソースをかけて焼き上げてあるお菓子です。
せんべいに振りかけられた塩の味と、ソースの甘さが意外なほどに合い、美味しいハーモニーを生み出してくれます。
さてさて、先日はちょっと悩みました。
というのも、1ヶ月ほど前に冷凍した鳥の生肉が出てきたのです…。
焼いてあるなり、茹でてあるなりすれば、食べるのですが、生で1ヶ月はどうだろう…。
一応ネットで調べてみると、鶏肉の冷凍保存での消費期限は「2週間」と書かれているものから「2週間から1ヶ月まで」と書かれているものまでありました。
 
出来れば捨てたくはないので、後者を無理やり信じて(笑)、その鶏肉を茹でてみることに。
最初に軽くお湯で解凍して切ってみると、特に違和感の無いピンク色。
「これなら、大丈夫そう」ということで、そのまま細かく切って、野菜も入れて、スープとして食べました。
茹でた鶏肉には、何箇所か黒い点が出来ているところがありました。
しかし、これは血が凝固したもので特に問題はないそうです。
よかった、よかった(^^)これもネットで調べました。
こういうときにさっと情報が調べられるのはネットの良いところです。
こういう個別の悩みは、ネット以外だと「知っている人に連絡して聞く」くらいしかないですものね…。
ちなみに、お腹の方は全く問題なしです☆よかった、よかった。

インターネット副業の効果やいかに。

私はここ一週間ぐらい前から本腰を入れて、インターネットの副業を鬼のように頑張ってやっています。
今まではついついサボり気味だったのですが、これからの生活の内容、毎月の給与収入、一ヶ月にかかる生活費、子どもの養育費などを考えたら、家に居ても休んでなんかいられる状態じゃない事に気がついたのです。
今我が家の一ヶ月の収入は夫婦共稼ぎで25万円ぐらいです。
その中から色々なローンの分が7万円も飛んで行きます。
他にも食費や雑費、子どもの養育費、税金、水道光熱費などを支払うと、毎月ギリギリかマイナス状態です。
貯金もないし、せめて子どもが高校を卒業するまでは、何としてでも本業以外の収入を得るしか方法が無いのです。
しかし、副業もすっかりサボってしまっていたせいで、先月までで100円程度しか稼いでいませんでした。
やったらやっただけお金になる事はわかっているのですが、家に帰ると気が抜けてしまいます。
私って本当にダメですね。
一生懸命頑張った甲斐があって、ここ一週間で千円以上稼ぐ事が出来ました。
やはりチリも積もれば山となると言うのか、毎日の積み重ねが大きな利益を得るものです。
一週間で千円ぐらいなら、一ヶ月出来る限り頑張ったら4~5千円にはなるでしょう。
その分で税金なども払えるし、今この苦しい時の4~5千円と言えば、かなり貴重な金額です。
その様に考えると自然と頑張れるものですね。
今日は日曜日。
副業稼ぐには絶好の日です。
ネットをまめにチェックして単価の高い仕事が取れるのです。
適当に休憩を挟みながら、今日も精一杯稼ぎます。
借金 限界

キャバクラの派遣が増えているらしい

キャバクラと言えば夜のお仕事ですがそんなキャバクラ業界でも派遣が増えているんですね。
世の中では派遣社員なんてのが多くなっていますがまさか夜の世界でもあるなんて・・・。
昼間だと正社員と派遣社員みたいな感じで分かれていますが夜の世界では
在籍と派遣という風に分かれているんですね。

それだけキャバクラも人材不足ということなんですかね?
キャバクラの派遣の場合は何が違うのかというといわゆるノルマとかがないというのが一つ。
やっぱり売上を上げなければいけないとなるとそれなりにプレッシャーがかかりますからね。

いつでも空いた時間に出勤できるのもメリットの一つです。
在籍の子なんかは毎週で出勤を取るのである程度自由と言えば自由ですが
金曜日などの忙しい日に休むのお店のスタッフに小言を言われるみたいですからね。

キャバクラというと在籍とかでも楽に稼げるというイメージがありますがそうではないということですね。
どちらが稼げるのかというとそんなに売上がないなら在籍でも派遣でも変わらないでしょう。
派遣の場合はお店によってはかなり雑に扱われることもあるそうですからお店選びが重要ですね。

キャバクラの派遣を東京でやりたいという時は専門の派遣会社に登録すれば働き始めることができます。

あじさいがキレイに咲きだしました

最近、街のあちらこちらであじさいの花をよく見かけます。
例年よりも早いのでしょうか。
今年は5月のうちからきれいに咲いているあじさいが多いように思います。
子供のころは、あじさいという花にそれほど惹かれることはなかったのですが、カメラで花の写真を撮ることが楽しくなり、そうすると、被写体としてのあじさいは、とても興味深い花だと気づきました。
例えば、鎌倉のあじさいの名所で、趣深い風景といっしょに撮るのも素敵ですが、思いっきりアップにして撮っても、繊細な色合いや形の面白さなど、さまざまな魅力にあふれています。
また、雨上がりで水滴がついたあじさいというのも素敵ですよね。
撮った写真は、Facebookにアップしていますが、同年代の友達も、花の写真を掲載している人が多いです。
先日テレビを見ていたら、若い人に比べて年配の人のほうが花に興味を持ちがちだという話題を取り上げていました。
インタビューでは、その理由として、自分に「花」がなくなってきたから、と言っている方がいました。
なるほど!なんて思っちゃいけないかもしれませんが、たしか、私もその一人なのかもしれません。
とはいえ、今年もあちらこちらであじさいの花の写真を撮りたいと思っています!。
ブランド 買取り 東京

スマートに対応したいものです。

何でも、スマートな対応が憧れます。
何をするにも無駄がなく、快適な生活をおくっている方がおります。
二度手間、まわりくどいやり方はしたくないのが理想です。
便利なツールはたくさんあり、活用とすればかなり楽ちんであり、負担も軽減となるでしょう。
きもちはあるのですが、なかなか行動にうつせません。
その一歩で180度は、オーバーですがかなり負担は軽減となるでしょう。
それでも自身のスタンスはなかなか崩せません。
どんどん新しいものをとりいれ、うまく活用とする方もおります。
いいかどうかは体験しないとわかりません。
他の方がよいと感じても自身がそう感じるかは別であります。
年齢とともに臆病風が強くなります。
一歩踏み出すのに勇気も、時間もかかります。
年齢のせいにしてはおりますが、やはり性格が問題でしょう。
性格は長年のものであります。
なかなか変えられないものであります。
何か大きな壁にぶちあたるだとか、支障がでてこないと変わりにくいでしょう。
自身の意見ではありますが・・・。
同じ失敗をしても同じことを繰り返すこともあります。
性格が簡単にコロコロ変えられる方が逆に怖いような気もします。

「やわらか~い!」ばかりは、おブスの始まり

グルメリポーター達が口癖のように連呼する「やわらか~い!」という言葉。
まるで、やわらかい=美味しいが同意語になったかのようです。
でも、時には美味しさだけを追求するのもいいでしょう。
ところが、毎回がこの「やわらか~い」だけになると、おブスへの道に一歩踏み出したのと同じことなのです。
柔らかいものばかりを食べていると、しっかりと噛み砕くという行為がおざなりになります。
すると顔の骨格は正直なもので、しばらくすると締りが無く、だらしのないフェイスラインに変わってしまうでしょう。
噛むということは、素敵な顔立ちには欠かせない行為なのです。
朝ごはんひとつでも、いつもふわふわパンばかりを食べるのではなく、時には納豆ご飯をしっかりと噛み締めながら食べるのがおすすめです。
また、しっかりと噛まないと唾液の分泌が少なくなってしまいます。
さらに、唾液が少ないと口臭の原因ともなり、虫歯が出来やすい環境にしてしまいます。
その結果、食事がスムーズに進まないために、お茶で流し込む食事の仕方が食べすぎを招いてしまうのです。
「噛む」という些細な行為があなたの美貌を左右するということを念頭に、やわらかいものばかりを好んで食べるのは控えましょう。

Older posts