好例の新春フィッシングショーも終了し、各メーカーのパンフレットも貰い満足して帰宅したのがつい先日の事。
今年はクロダイタックルの一挙更新を目論んでいるだけに、お気に入りのメーカーのコーナーは特に意欲的に見て回る事が出来ました。
もちろんその一番の理由は、買い替えを予定しているニューモデルのリールがそこに展示されており、スタッフに色々と伺いながら、その感触や質感をチェック出来たからに他なりません。
そのメーカーにとっては比較的エントリークラスに近いモデルなのですが、私にしてみれば立派な高価な買い物ですから、見立てや購入のミスがあってはなりません。
幸い私にとっては十分満足ゆく性能とデザインを兼ね備えている事が分かり、そのコーナーで5分と感触を確かめるまでも無く、今春の購入を決定したのでした。
大きな目標を達成すれば一気に肩の力が抜けるもので、後の数時間は大変リラックスしながら、他社の面白いコーナーを幾つもハシゴする事が出来ました。
フラッグシップモデルのリールやロッドとなれば、10万円近くになるモデルも少なく無いこの業界。
それだけ高価なモデルを数多く身近に触り体感出来るのも、このイベントならではの面白さに違いありません。
いずれにせよ色々な面の満足もあって、帰りの電車の中でいつしか熟睡してしまっていたのでした…。
今日は家に帰って本棚の整理をしないといけないのだが、余韻に浸りたい。
そういえば買取りに出す段ボールを調達しないとな。
本 買取 段ボール