ぼくは、昔からスポーツが苦手です。
身体を動かすことが苦手というよりも、スポーツの積極性を問われる雰囲気や、明るく、元気にという感じが苦手でした。
中学の頃までは、身体自体は動いたので、それなりにスポーツをこなせていたのですが、高校に入ってからは、ほとんど運動をしなくなり、身体がどんどんなまっていきました。
代わりに、文学の世界にのめり込み、本ばかり読んでいました。
今では、活字中毒となっています。
ですが、たまにスポーツをしたいなと思う時があります。
身体を思う存分動かせばきっと気持ちいいのだろうなと思うのです。
とくに、バスケットボールがしたいなと思っています。
走り回れるし、ゴールに投げ込む瞬間が氣持ちいいので、したくなります。
小学校のころは昼休みによくしていました。
結構、得意でしたので、仲間内でも活躍できていました。
また、どこかで、やりたいなと思うのですが、下手くそであることは、間違い無いので、誰かに見られずにひっそりと出来る場所を探しています。
体育館などだと、目立つので、人がほとんどおらず、自由に動ける場所がいいです。